夜行バスの乗車マナー

最近では新幹線や飛行機よりも夜行バスを利用する人が増えています。
その理由に低料金なのはもちろん、シートなどが快適になり疲れにくくなったことにもあります。
しかも女性に配慮した、女性専用のバスや、一人での利用の方でも安心して利用ができるように隣の席は同性同士にしたりカーテンで仕切られて個室のようなバスもあります。
トイレも個室を広くして着替えがしやすく洗面台があるので、お化粧もしやすくなっています。
アメニティーとしてブランケットやアイマスク、耳栓、スリッパ、ドリンクなどが完備されているバスもありますが、ない場合もあるので、バス会社に問い合せて用意しておくともっと快適に過ごせます。
しかし、いくら快適だからといっても、他にもお客さんがいるので、マナーだけは守って楽しい旅にしたいです。
ここでいうマナーは、やはり夜行バスは夜の利用であり多くの人は寝ています。
なので、消灯になったあとは、私語を謹んだり、音楽の音がもれないようにしたり、携帯電話の音や光、読書灯の明かりがもれないようにしましょう。
それと、持ち込む食べ物のも、匂いのきついものは周りを不快にするのでやめましょう。
匂いといえば香水もキツすぎるものはやめて、できるだけ到着してから付けるようにしましょう。
マナーを守って快適で楽しい旅をしましょう。